ワールドシリーズフィリーズが4−3でレイズに勝ち優勝した。

ワールドシリーズ史上初の雨でのサスペンデッドゲームとなっていたフィリーズとレイズの第5戦の続きが行われた。
6回裏から行われ、フィリーズが4−3でレイズを破り、対戦成績を4勝1敗とし28年ぶり2度目の世界一に輝いたということです。

日本では、サスペンデッドゲームは、ないのでとても新鮮ですね。

今年のセリーグのクライマックスシリーズは、引き分けがありましたからね。
メジャーでは、引き分けがないのとは、しりませんでした。
どちらかが勝つまでやるんですね。

面白いですね。
決着のつかないときは、どうするんですかね。
たまに甲子園では、次の日にやりますが、メジャーもそうなんですかね。

どうなんでしょう?